House of Rapperswil

Top フォーラム People Family House of Rapperswil

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後に2020Staffにより4日、 15時間前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • 2020Staff
    キーマスター

    The House of Rapperswil respectively Counts of Rapperswil (Grafen von Rapperwil since 1233, before Lords) ruled the upper Zürichsee and Seedamm region around Rapperswil and parts of, as of today, Swiss cantons of St. Gallen, Glarus, Zürich and Graubünden when their influence was most extensive around the 1200s until the 1290s. They acted also as Vogt of the most influential Einsiedeln Abbey in the 12th and 13th century, and at least three abbots of Einsiedeln were members of Rapperswil family.
    https://en.wikipedia.org/wiki/House_of_Rapperswil

    ラッパースヴィル家
    ラッパースヴィル伯爵はそれぞれ、ラッパースヴィル周辺のチューリッヒゼーとゼーダム地域の上部 、および今日の時点でザンクト ガレン、グラールス、チューリッヒ、グラウビュンデンのスイスのカントンの一部を支配
    1200 年代頃から 1290 年代まで最も広範でした。彼らは、12 世紀と 13 世紀で最も影響力のあるアインジーデルン修道院のフォークトとしても活動し、少なくとも 3 人の修道院長を務めました。アインジーデルンはラッパースヴィル家の一員

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
返信先: House of Rapperswil
あなたの情報: